<イベントのお知らせ>
しっぽフェスタ 2017に参加します!

愛犬との生活を楽しむイベント「しっぽフェスタ2017」に今年も参加します。
会場ではフィトンチッド商品のイベント特別価格販売やサンプル配布(数量限定)もございますので
ぜひ遊びに来てください!

開催日
2017年11月18日(土)・19日(日) 10:00~16:00 

開催場所
東京都立川市
国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン・ゆめひろば(JR立川駅より徒歩約10分)
※公園有料エリアでありませんので、ご注意ください。
※なるべく公共交通機関をご利用ください。

入場料金
無料 ※ただし、別途駐車料金は必要

主催
NPO法人ワンワンパーティクラブ

共催
国営昭和記念公園

協賛
Honda Dog

協力
NPO法人社会動物環境整備協会

協力
東京コミュニケーションアート専門学校

運営協力
株式会社withdog.jp

しっぽフェスタ 2017公式サイト


《夏期休業のご案内》
2017年8月11日(金)~2017年8月17日(木)

ご注文受付は8月10日(木)午前中まで。以降は休業明けの受付とさせて頂きます。


<イベントのお知らせ>
しっぽフェスタ 2016

開催日
2016年11月12日(土)・13日(日) 10:00~16:00 ※雨天決行

開催場所(予定)
東京都立川市
国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン・ゆめひろば

入場料金
無料 ※ただし、別途駐車料金は必要

主催
NPO法人ワンワンパーティクラブ

共催(予定)
国営昭和記念公園

特別協賛
イーペットライフ株式会社

特別協力
NPO法人社会動物環境整備協会

協力
東京コミュニケーションアート専門学校

しっぽフェスタ 2016


<イベントのお知らせ>
Vivre de BIO Marche

2000年前の弥生時代の遺跡地の公園内に4つのエリアで展開。

2つの対照的なマルシェエリアは、
復元された竪穴住居が点在する地に
【古代の知恵を知るマルシェエリア】

広大な芝生広場には
【ヘルスコンシャスの今を知るマルシェエリア】

自然と共存を提案するキャンプやアウトドア関連の
【グランピングエリア】

ガーデンピクニックを楽しむ
【食のギャンゲットエリア】

フィトンチッドブースは芝生広場になります

………………………………………………
<開催日時> 2016 年10 月10 日(月・祝)
        10:00 ~ 16:00
<場所> 横浜市都築区
     大塚・歳勝土遺跡公園
     横浜市営地下鉄センター北駅 徒歩5 分
<総合プロデュース>Organic Hills
<主催>NPO法人都筑民家園管理運営委員会
<共催>横浜市歴史博物館、横浜市都筑区
<協力> 
 veggy
 ナチュラル・ハーモニー
 COBO ウエダ家
 スノーピーク
 紙の砦(松浦良樹)
【遺跡オーガニックマルシェ@横浜】


商品の一部価格改定と新商品のご案内
2016年4月1日より以下の3商品の価格改定と2商品の販売を開始いたします。

○価格改定
[抗菌・消臭スプレー]
フィトンの森 フィトンチッドスプレー ベビー用 <旧>¥4,860(税込) → <新>¥2,700(税込)

[フィトン化粧品]
美容液 フィトンチッド・セラム         <旧>¥6,480(税込) → <新>¥4,104(税込)

[ランドリー]
フィトンチッド ランドリープラス1       <旧>¥6,248(税込) → <新>¥3,780(税込)

○新商品
[抗菌・消臭スプレー]
フィトンの森 フィトンチッドスプレー 森ミニ             <価格>¥1,296(税込)

[抗菌・消臭スプレー]
フィトンの森 フィトンチッドスプレー ベビー用ミニ          <価格>¥1,296(税込)


テレビ朝日「関ジャム完全燃SHOW」で”フィトンの森シリーズ”が紹介されました!
2015年11月1日に放送されたテレビ朝日関ジャム完全燃SHOWにて[フィトンの森シリーズ]フィトンチッドスプレーが紹介されました。
□中島美嘉さん 関ジャム完全燃SHOWでフィトンチッドをご紹介頂きました□
紹介された商品の詳細はこちらをご覧ください。


ミニ拡散器が紹介されました!
女性向けフリーマガジンpoco'ce[ポコチェ]4月号44ページにフィトンチッドミニ拡散器の紹介記事が掲載されました。
紹介された記事はこちらです。
商品の詳細はこちらをご覧ください。


フィトンチッドを浴びて森林浴!
森林浴は私たちの健康作りの定番になりましたね。
「フィトンチッド」は1930年頃、旧ソ連モスクワ動物園実験生物研究所に
在職していたB.P.トーキン博士により発見されました。
『高等動物が傷つけられると他の生物を殺す物質を発散する現象』
として発表。phyton(植物)が病原菌等をcide(殺す)と名付けたのです。
日本への紹介は1956年『ソヴェトの医学』で臨床医の木崎先生が
旧ソビエトの医学の現況を紹介した中で述べられています。
1980年、トーキン先生は日本の大学に招聘され、生気象学者の
神山恵三先生と共にフィトンチッドの存在を 広く日本に知らしめました。
その有名な共著が『植物の不思議な力=フィトンチッ ド』です。
日本に初めて詳しく紹介されたフィトンチッドの教本です。